アフィリエイト広告を使用しています

チェンソーマンのレゼがかわいい!!可愛いシーンや正体を解説!

キャラクター
スポンサーリンク

チェンソーマンのレゼがかわいいシーンについてご存じですか?

人気キャラクターで2回もトップ5に入っている大人気キャラクターのレゼは、どれだけかわいいのか!?

本記事では、レゼのかわいいシーンやレゼの正体、プロフィールをご紹介していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

この記事を読むとわかること

  • レゼの可愛いシーン3選とその魅力
  • レゼの正体とその背景
  • レゼのプロフィールと特徴
スポンサーリンク

チェンソーマンのレゼのかわいいシーン3選

・コミックス5巻第40話 電話BOXでの笑顔

突然の雨に電話BOXに逃げ込んだデンジですが、同じ電話BOXにレゼが入ってきました。

レゼは、デンジの顔を見て死んだ犬に似ていると言って泣き出します。

ですが、そんなレゼに対し、デンジは口から花を出す手品を見せると、その花を受け取りました。

その時の笑顔が最高にかわいいです!

・コミックス5巻41話 レゼが勉強中のワンシーン

デンジが1週間連続で、レゼのバイト先「二道」に来た時に、レゼは勉強中でしたが、デンジが感じは読めるようになりたいということで、漢字を教えます。

デンジは、レゼに対し、「レゼとなら学校行きたかった」と言うと、レゼはどや顔を見せますが、このワンシーンが、またかわいいんです!

少し左顎を上げて笑顔でのどや顔は、妖艶な雰囲気を出しつつ、かわいさもあるので、最高のワンシーンです。

・コミックス5巻第43話 扉絵

43話の扉絵では、マキマとレゼと下着姿でのシーンが確認できますが、妖艶かつ、エロくて可愛いシーンとなっています。

レゼの全身を余すことなく見ることができ、レゼ好きにはたまらないシーンですね。

ちなみに私は、このシーンでレゼのことを大好きになりました!

スポンサーリンク

チェンソーマンのレゼの正体とは?

レゼは、デンジの心臓(チェンソーの心臓)を奪うために、デンジに近づいたボムこと、爆弾の悪魔です。

レゼの首にあるチョーカーを引っ張ることで、爆弾の悪魔に変身することもできれば、使い方次第で自分の体を爆弾のようにすることもできます。

レゼの力によって、公安2課メンバーは、ほぼやられてしまい、壊滅状態になりました。

その後、デンジと直接対決をしますが、結果負けてしまい、デンジのもとから離れます。

レゼのことを好きなデンジは、一緒に逃げるためにレゼのバイト先である「二道」で待っていると伝えるも、マキマと天使の悪魔に殺されてしまいました。

レゼは、ソ連が国家に尽くすために作った戦士であり、自由も無く、外には出られない。

死ぬまで実態実験をされるモルモットと言われる1人だったのです。

つまり、レゼはソ連からの刺客と思われる人物となるのです。

スポンサーリンク

チェンソーマンのレゼのプロフィール

https://twitter.com/mimpi__ff/status/1636890127267168258?s=20

前述でもご紹介した通り、レゼは、別名ボムという爆弾の悪魔です。

見た目はデンジと同学年ほどであり、デンジに対し、「金玉」や「Big ass(デカケツ)」と教えることから、デンジから「エロ女」と言われます。

身長はデンジより少し小さいくらいですので、160㎝ほどと思われ、スタイルはA~Bカップくらいのスレンダーボディです。

かわいい顔に、妖艶な雰囲気は、二道のマスターが言うようにデンジとは住む世界が違ったのでしょう。

スポンサーリンク

チェンソーマンのレゼがかわいいについてまとめ

本記事では、レゼのかわいいシーンや正体などの、ご紹介をしてきました。

レゼは、どのシーンでもかわいいですが、特に可愛かったシーンを3つまとめてみました。

デンジによって、マキマとレゼどちらにしようか迷うほど恋をしてしまいましたが、残念ながらレゼは、ソ連からの刺客でしたね。

それを承知の上で、一緒に逃げようとしましたが、マキマと天使の悪魔に殺されて終わるという結果となってしました。

第一部では、最後マキマの操り人形として登場することになりますが、第二部では再登場することはあるのでしょうか?

チェンソーマンのレゼを確認したい方は、コミックス5巻40話から6巻をご覧になって見て下さい。

この記事のまとめ

  • 「チェンソーマン」レゼのかわいいシーンを3つ紹介
  • レゼの正体は爆弾の悪魔で、デンジの心臓を狙う刺客
  • レゼのプロフィールとキャラクターの魅力を解説
  • 第1部の最後でマキマの操り人形として登場
キャラクター
スポンサーリンク
アレックスをフォローする
チェンソーマンのファンサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました